RSS | ATOM | SEARCH
一輪差いろいろ

 

今年もはじまりましたね、かかし祭り〜。

お店の前にはクオリティの高い阿修羅と、マスクマン。

クスッとするようなカカシ達が資料館通りに沢山並んで

ますよー。

さて、今日は一輪差しのご紹介です。

京都、森俊山さんの一輪差しは乾山風の秋草や紅葉が描かれた

季節感あふれるものです。小さいながらも存在感があって、

このまま置いてあるだけでも季節の飾りになります。

プレゼントにもおすすめです。各¥2700

どちらも美濃焼。面取りした粉引の一輪差しはシンプルで

使いやすそう。秋にはススキだけでも絵になります。

織部の手付は本来は注器として作っているので、ミルクや

タレなどのピッチャーとしても使えますし、一輪差しにしても。

織部手付ミニ注器¥2376 粉引面取一輪差¥2916

京焼の辰砂ミニ一輪差しはなんとも言えない色合いやぽってりした

質感がいい感じです。ミニミニの木台も再入荷。一輪差しや小さな

置物などの台に意外と便利です。

辰砂一輪差¥2160  木台¥270

 

清澄白河 器と小物 青葉堂
http://www.aoba-do.com
info@aoba-do.co

instagram 

author:aobado, category:商品紹介, 11:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.aoba-do.com/trackback/2198